海外サッカー 移籍市場

マンチェスター・ユナイテッド|フレンキー・デヨングとの交渉難航?!

Embed from Getty Images

バルセロナからマンチェスター・ユナイテッドに移籍が噂されている”フレンキー・デヨング”ですが交渉は難航中のようです。今回はこの移籍について簡単に説明していきます。

概要

オランダ代表MFは今夏の移籍市場の最も重要な移籍の一つであり、22-23シーズンユナイテッドの新監督に就任するエリック・テン・ハフはアヤックスで指導をした選手との再会を望んでいます。

現バルセロナ会長であるジョアン・ラポルタ氏は彼を売る気はないと意向を示す一方で、フレンキー・デヨング自信も以前からカンプノウに残りたいという意思表示を見せています。

しかし、ユナイテッド側はいくつかの問題によりこの要求を無駄になることを恐れているとミラーは述べています。

移籍を阻む問題

ラポルタ氏の意向とは裏腹に、ユナイテッドは大きな問題となるのは賃金の未払いだと考えているそうです。

最近の情報では、コロナ禍の状況のバルセロナを助けるためにデヨング側は17万ポンド(1ポンド=163円・日本円で2.7億)の未払いを許しています。両クラブ間では移籍金での合意がなされたことは報道されていますが、移籍後の成績に応じた支払いもこれから協議する必要があると思われます。

ちなみに4年の契約が残っているフレンキー・デヨングですがこれまでにバルセロナでは138試合に出場しています。

まとめ

今回はフレンキー・デヨングに関する簡単な移籍をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?目が離せない移籍市場ですが、気長に続報を待ちましょう。