バルセロナ マンチェスター・シティ 移籍市場

FCバルセロナ|チャビ監督はマンチェスター・シティのゲームメイカーを狙ってる?!

2022年カタールワールドカップ本大会開催まで、残すところ1週間を切りました。FCバルセロナでは冬の移籍市場でマンチェスター・シティのMFを狙っているとの情報が入りましたので、今回はそちらを簡単にご紹介いたします。

Embed from Getty Images

選手情報

Mundo Deportivoによると、チャビ監督はマンチェスターシティの、イルカイ・ギュンドアン選手を狙っているとのことです!

Embed from Getty Images

選手情報

国籍:ドイツ

年齢:32

ポジション:MF

年俸(22-23シーズン):約12億(£7,280,000)※1£ = ¥165 で算出

こちらのサイトを参考に年俸を記載しています

クラブでの21-22シーズン成績

試合数:44

ゴール:10

アシスト:7

22-23シーズンも絶好調!

32歳でありながら今シーズンは20試合で試合で2ゴール、2アシストを記録しています。

プレミアリーグでは、1試合(90min)平均で、1.8回シュート・1.9回キーパスの記録を残し、チームに貢献しています。さらにリーグ内では最高となる、パス成功率89.7%を記録。

しかし、彼の契約は2023年までとなっているので冬の移籍市場でチームを去る可能性があるということで、移籍の噂が飛び交っています。

チャビ監督にフィットする?

プレースタイルは基本的にボックストゥボックスですが、MFとしてフィールドで全てのタスクを行う事ができるので、シャビ監督の方針にも問題なくフィットできるのではないかと思います。

彼は、自分でゴールを奪うことはできますし、チームメイトのゴールを演出するのも得意です。

現在32歳ということを考慮すると、ベストコンディションを保ているのもあと数年だと思いますが、冬の移籍市場で、短期契約を結べればバルセロナにとっては大きな戦力になるでしょう。

さらに、彼が加わればバルセロナに一番欠けていると思われる精神面の不安も払拭できるかもしれません。バルセロナのMF陣により多くのゴールと創造力を与えてくれるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はチャビ監督がギュンドアンを冬の移籍市場で狙っているというニュースをご紹介いたしました。

マンチェスターシティにも多額の借金を抱えているバルセロナですが、この移籍が成立すればバルセロナにとって大きな戦力になることは間違い無いですね!

次回のニュースもお楽しみに!