アトレティコ・マドリード プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド ラ・リーガ 海外サッカー 移籍市場

アトレティコ・マドリード|【移籍間近】ビッグネーム獲得のために、グリーズマンの売却を進める!?

22-23シーズンに向けて、サウール・ニゲスやアクセル・ヴィツェルなどの補強を行っているアトレティコマドリードですが、ここ最近ビッグネームの獲得に動いているとの情報があったので今回はそちらを簡単にご紹介いたします。

Embed from Getty Images

補強されると噂のビッグネームについて

クリスティアーノ・ロナウド

Embed from Getty Images

なんとアトレティコ・マドリードは今夏マーケットでクリスティアーノ・ロナウドを獲得するかもしれません。現在彼が在籍している、マンチェスター・Uは昨シーズン6位で、CLに出場できないのも移籍の理由の一つだと考えられます。

とにかくCLに出場可能なチームのオファーを待っているようです。

参考までに21-22シーズンのマンチェスター・U内での選手成績を記載しておきます。

・試合数:38

・ゴール:18

・アシスト:3

・年俸:約40億(1£=¥163換算)

なぜアトレティコ?

過去にはアトレティコのライバルチームであるレアル・マドリードに在籍していたロナウドですが、かつでポルトガル代表で共に戦ったディエゴ・シメオネ監督のいるアトレティコ・マドリーへの移籍に前向きのようです。

グリーズマンが放出?!

選手情報

Embed from Getty Images

昨シーズン、グリーズマンはバルセロナからアトレティコに戻ってきましたが、今夏の移籍市場でチームを去ってしまうかもしれません。

参考までに21-22シーズンのアトレティコ・マドリード内での選手成績を記載しておきます。

・試合数:36

・ゴール:9

・アシスト:6

・年俸:約30億(1£=¥163換算)

問題点

アントワーヌ・グリーズマンは、バルセロナからの2年ローンの途中ですので、もし売却しようとするとアトレティコ・マドリードはバルセロナに4000万ユーロを支払うという条項があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、アトレティコ・マドリードが獲得するかもしれないビッグネームについて簡単にご紹介しました。

シーズン開幕まであと1ヶ月ですが、今夏の移籍市場も目が離せませんね。