バルセロナ 移籍市場

【バルセロナ】メッシ?ネイマール?スアレス?大活躍だったFWと再契約を結ぶ可能性【23-24移籍】

Embed from Getty Images

バルセロナは今夏フランシスコ・トリンカオ(Francisco Trincão)、サミュエル・ウムティティ(Samuel Um Titi)、セルジーノ・デスト(Sergiño Dest)、クレメン・ラングレ(Clément Lenglet)といった選手を放出しています。さらにピエール・エメリク・オーバメヤン(Pierre-Emerick Aubameyang)を、1200万ユーロでチェルシーに移籍させることに成功しています。どうやらバルセロナが彼との再契約する可能性が報道されているので、今回はそちらを簡単に紹介いたします。

経緯

Embed from Getty Images

彼は2022年冬にフリーエージェントとしてバルセロナと契約し、すぐに人気選手となりました。2021/22シーズンはリーグ戦17試合に出場し、11ゴールを記録しています。

しかし、ロベルト・レヴァンドフスキの加入後は、オーバメヤンがベンチ入りすることが多くなり、最終的には経済的な問題からクラブから売却されることになりました。

トーマス・トゥヘル監督のもとでプレーできると思ったが、監督が直後にチェルシーから解雇されてしまった。後任のグレアム・ポッターは、オーバメヤンをなかなか好きになれず、ベンチに置いていくことが多くなってしまった。

選手紹介

ピエール・エメリク・オーバメヤン(Pierre-Emerick Aubameyang)

Embed from Getty Images

国籍:ガボン

年齢:33

ポジション:FW

21-22シーズン成績

出場数:38試合

ゴール:20

アシスト:3

ヴィトール・ロケ

Embed from Getty Images

アトレチコPR所属

国籍:ブラジル

年齢:17

ポジション:FW

2022シーズン成績

出場数:52試合

ゴール:13

アシスト:4

有識者のSNSでのコメント

Embed from Getty Images

Matt Lawによるとまだヨーロッパのリーグから抜ける気はないようです。

彼は、オーバメヤンがまだトップクラブの中でプレーできると主張している。興味深いことに、バルセロナは今夏の彼に興味を持っているかもしれません。

バルセロナはロベルト・レヴァンドフスキのバックアップとして彼の獲得を検討していましたが、今冬はラ・リーガの規定により移籍は叶わなかったようです。

しかし、次の移籍市場では彼の獲得が再検討されるかもしれません。そして、ACミランとアトレティコ・マドリードも彼に目を光らせており、今夏に移籍する可能性もあります。

彼のカンプノウへの復帰が実現するかどうかはまだわからないが、特にバルセロナは攻撃力強化のためにビトール・ロケの獲得にも動いています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はオーバメヤンの来季の移籍について簡単にご紹介しました。

他の選手の移籍についても情報を載せているのでぜひご覧ください。