バルセロナ 移籍市場

【バルセロナ】新たにメキシコ出身のDFと契約間近!その裏でガビの選手登録の危機?

Embed from Getty Images

前回はガーナ代表FWのについて紹介しました。今回は、バルセロナがメキシコ出身のディフェンダーを狙っているとのことなので、そちらを簡単にご紹介いたします。また後半ではガビの選手登録の問題についても説明いたします。

冬の移籍市場で

Embed from Getty Images

冬の移籍市場が終了間近ですが、バルセロナは今冬にも数人の選手に目をつけて声をかけていたようです。

例を挙げると、フィオレンティーナのソフィアン・アムラバトの獲得に400万ユーロ(約5.6億円)+ 3700万ユーロ(約52億円)の買取オプション付きでオファーを出しましたが却下されました。

また、マンチェスター・ユナイテッド所属のアントニー・エランガにも声をかけましたが、契約には至りませんでした。

そんな中、Fabrizio Romanoによるとバルセロナとの契約目前となっているのが、ロサンゼルスギャラクシー所属のジュリアン・アラウホです。

すでにバルセロナと彼との合意は取れているようで、あとはLAギャラクシーの合意がなされれば移籍が完了するようです。

まずはバルセロナBでプレーしその後トップチームに昇格させる予定のようです。

選手紹介

ジュリアン・アラウホ

Embed from Getty Images

国籍:メキシコ

年齢:21

ポジション:DF

年俸(2023シーズン):約9000万円(£572,000)※ £1= ¥160.33で算出、こちらのサイトを参考にしています

2022シーズン成績

出場数:40試合

ゴール:1

アシスト:9

ガビ

Embed from Getty Images

国籍:スペイン

年齢:18

ポジション:MF

年俸(22-23シーズン):約10億円(£6,448,000)※ £1= ¥160.33で算出、こちらのサイトを参考にしています

21-22シーズン成績

出場数:47試合

ゴール:2

アシスト:5

ガビの選手登録はどうなる?

Embed from Getty Images

どうやら今シーズンの後半からは、背番号6としてプレーするようです。

しかしラ・リーガは彼のトップチームへの昇格を認めているわけではなく、取り消しを求めているとのこと。とりあえずは取消されるかわかりませんが最速で次のベティス戦からガビは6番をつけてプレーするようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はバルセロナが狙っているメキシコ出身のDFについてご紹介しました。

他にも選手の移籍情報についての記事がありますので興味がありましたらご覧になっていただけると嬉しいです。