バルセロナ モナコ 移籍市場

FCバルセロナ|ジョルディ・アルバの後釜?リーグ・アンの選手に興味を示す

バルセロナにおいて、左サイドバックのファーストチョイスが、ジョルディ・アルバというのは議論の余地はありません。

そして、8月中の優先事項の一つは、アルバの後釜となり得る左サイドバックの選手と契約することだと言われています。

現在バルセロナは、この問題を解決するリーグ・アンの選手に興味を持っているようなので、今回はそちらをご紹介いたします。

選手情報

ジョルディ・アルバ

Embed from Getty Images

国籍:スペイン

年齢:33

ポジション:DF

年俸(21-22シーズン):約20億(£12,012,000)※1£ = ¥163 で算出

こちらのサイトを参考に年俸を記載しています

バルセロナでの21-22シーズン成績

試合数:39

ゴール:3

アシスト:11

バルセロナにおいて、左サイドバックのファーストチョイスが、ジョルディ・アルバというのは議論の余地はありません。

バルセロナにおいて、左サイドバックのファーストチョイスが、ジョルディ・アルバというのは議論の余地はありません。
しかし、彼は現在33歳でキャリアの終わりが近いと思われます。
このポジションの後釜候補を見つけるのが、今のバルセロナの課題となっております。

カイオ・エンリケ

どうやら現在バルセロナは、アルバの後釜候補の1人としてモナコのカイオ・エンリケに興味を持っているようです。

Embed from Getty Images

国籍:ブラジル

年齢:23

ポジション:DF

年俸(21-22シーズン):約2.3億(£1,404,000)※1£ = ¥163 で算出

こちらのサイトを参考に年俸を記載しています

モナコでの21-22シーズン成績

試合数:38

ゴール:2

アシスト:9

現地の有識者による見解

イタリアのスポーツ番組の司会を務めるGianluigi Longariによると、モナコは彼をとても高く評価しているようです。

契約は2025年となっていますが、すでに契約延長の準備をするくらいに、彼を手放す気はなさそうとのことです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はバルセロナの課題の一つである、アルバの後釜候補についてご紹介いたしました。

モナコはカイオ・エンリケを手放す気はなさそうですが、今夏に多くのスター選手がバルセロナに集まったように、もしバルセロナに言い寄られたらカイオ・エンリケも心変わりしてしまうかもしれません。

まだ移籍市場はオープンしているので、今後の動向にも目が離せませんね。